⇒ 石の種類別・特徴別索引へ MoonMadnessは送料無料です

    ボージーストーン  Boji(R)

ボージーストーンの商品リストへ  

インディアンの聖地から来た賢者の石

ボージーの山 ボージーストーンは、カンザス州のインディアンの聖地で採取されます。
1972年 Boji, Inc. のカレン・ギルスビーの申請で合衆国政府によりBOJI(R)として商標登録され、欧米のヒーラーの間で根強く支持されてきたパワーストーンです。


←ボージーが採掘される自然のピラミッド。
 古来よりワイディゴ族の聖地であった。

自然のボージー
ボージーストーンには男性石と女性石があり、ヒーリングの際にはペアで使用します。

欧米のヒーラーの間では、陰陽のバランスのとれたエネルギーを含むと信じられ、肉体と精神、自己と社会、現実と霊的なもの等のバランスをとる力を引き出すと言われています。


(ボージーストーンは、地面を掘って採るのではなく、侵食によって自然に地表に現れたものを拾うことしか許されていません。)
カレンさん
カレンはこの石に出会ったとき、そのエネルギーに魅せられると同時に、ボージーが本来の力を封印され、誰にも見向きもされずに朽ち果てようとしていることを感じました。
そしてチャネリングにより古代の錬金術師から知恵を授かり、ボージーを浄化し活性化したのです。

鉱物学的には、カンブリア紀中期(およそ5億年前)の海洋生物の化石が黄鉄鉱化したもので、微量のパラジウムを含みます。


(←カレンさん)


ボージー男性石 左の写真が男性石、右が女性石。
男性石は表面がごつごつしていて、女性石は滑らか。
地表の侵食により、1個の男性石の周囲に20〜50個の女性石がサークルを形成している姿が現れます。

採取できるのは、自然に地表に現れた石だけです。
侵食に耐えて力強く残った石から、さらにパワーのある石を厳選しています。
ボージー女性石

石のペアを選ぶのはカレンさんです。
ボージーストーンは、もともと海洋生物の化石からできた石なので、水晶などの鉱石と違い、長い年月の間には雨などにより風化してしまいます。男性石は比較的強く、侵食に耐えて形を保っていますが、地表に現れた女性石の多くは風化して崩れてしまっているそうです。
カレンさんは、わずかに残った女性石の中から、男性石に最も波長の合う石を選んでくれています。

当店では、産地まで行きカレンさんご本人から直接ボージーストーンを買付けている日本で唯一の卸さんから仕入れをしております。

●ボージーストーンの浄化方法
ボージーは上述の通り、水や塩などに弱い石です。浄化の際は水につける方法は避け、月光や太陽光、お香による浄化をお勧めします。

●ボージーストーンの基本的な使い方
通常、男性石を体の左側、女性石を右側に使用します。
両手にそれぞれボージーを持ち、ゆっくりと近づけたり離したりを繰り返すうちに、微かに引き合うか反発しあう力を感じることができます。
その力を一番強く感じる面を下にして体に当てて瞑想を行うと良いとされています。

また、男性石を左に、女性石を右に振り分けて持つことで、気の流れを効果的に整えるとされています。 両手に握ったり、持ち歩く際は左右のポケットに分けて入れると良いでしょう。

どんな石もそうですが、ボージーストーンにも必ずこうしなければならないというルールはありません。男性石が左、女性石が右というのも、人によっては逆になる場合もあります。
また、石との共鳴が深まると、思いもよらない効果が現れたり、自分でも気付かなかった新しい力や能力に気付いたりすることもあります。
手に取ったときに感じる自分の感覚で、様々な使い方を試してみてください。あなたが最も心地よいと思う使い方が見つかるはずです。


  ボージーストーンの商品リストへ


このページのトップへ戻る
 MoonMadness TOP Page  Copyright (C) 2002 MoonMadness